ページトップへ

インプラント

食べる、咬む、味わう

入れ歯とちがい、骨にしっかりと固定されることでご自身の歯とほとんど変わらない咬み心地です。
ぐらつきがないので硬いものもしっかりと咬み、食べ物の美味しさを味わうことができます。
食べ物がはさまって痛むこともありません。
インプラント治療とは歯を失った方のための歯科治療の中で天然歯とほとんど変わらない咬み心地や
美しい外観を取り戻すことができる治療法です。
歯のない部分にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込んで土台とし、その上に人工の歯を作ります。
歯の根の部分から、もう一度ご自身の歯を作るようなものですから、
健康な歯と変わらない様々な快適さを取り戻すことが出来ます。

インプラントブリッジ入れ歯総入れ歯
歯の失い方1本から全ての歯数本全ての歯
治療法チタン製の人工歯根を歯の根の代わりに埋め込み、その上に歯をかぶせていく。残っている両側の歯を削り、その上に橋を渡すように人工の歯をかぶせる。周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める。取り外しの人工の歯を顎の上に乗せる。
審美性周囲の歯や歯茎の色に合わせてテーラーメイドで作るため、自然で美しい見た目となる。保険適用外の材料を選択すればご自身の歯に近い見た目が再現できる。留め金が見える部分もある。顎の骨がやせてくると口元にしわが寄りやすい。
デメリット
  • 簡単な手術が必要となる。
  • 自費治療となる。
  • 歯を失った部分の骨がやせてくる。
  • 清掃性が悪くなり支えている歯の健康を損なう可能性がある。
  • 周囲の健康な歯を 削る上、支えの歯に負担がかかり将来的に折れてしまう場合もある。
  • 周囲の歯に留め金をかけるため、健康な歯に大きな負担がかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
  • 清掃性が悪くなり 支えている歯の健康を損なう可能性がある。
  • 異物感を感じやすい。
  • 食事のたびに取り外して洗浄する必要がある。
  • 顎の骨がやせる。
  • 異物感がある。
  • 食べ物が食べずらく硬いものが食べられない。
  • 浮いたり外れたりする心配がある。
  • 喋りにくい。
  • 食事のたびに取り外して洗浄する必要がある。

インプラントの素材と構造について

全体の構造

インプラントは、「上部構造」「アバットメント」「インプラント体」の大きく3つの部位からできています。

上部構造
(人工の歯)

当院では、主に「オールセラミック」「ハイブリッドセラミック」「メタルボンド」の3種類を使っています。 お一人おひとりの状態やご希望に合わせてご一緒に選択し、最適な人工の歯を作ります。

アバットメント

複数の部品を組み合わせることによって、大きな力がかかってもインプラントと骨との結合を維持する仕組みになっています。

インプラント体
(人工歯根)

骨の大きさや形態に合わせて形や大きさを選択します。

インプラント治療の流れ

部分的に
歯を失われた場合
多くの歯、すべての歯を
失われた場合
初診
カウンセリング
どのようにすれば「生涯にわたり、快適に過ごしていただけるか」についてさまざまな不安や疑問もご一緒に解決しながら、お一人おひとりに最良の方法を検討していきます。
検査治療をはじめる前に最新のデジタルレントゲンやCTを使って、充分な検査をします。虫歯や歯周病などの疾患がある場合は、手術前に治療を行います。
【主な検査項目】
レントゲン撮影(上下の歯列全体/インプラント埋入部の詳細)、歯型の採取、噛み合わせの検査、口腔内の撮影
インプラントの
埋入手術
局部麻酔後、顎の骨にインプラントが埋め込まれ、その頭の部分にカバーがはめられています。手術時間は20〜30分、長い場合でも1〜2時間が目安です。
インプラントの
仮歯の挿入
インプラントの埋入手術と同時に仮の歯が入りますので、すぐに自分の歯と同じ感覚でお食事を楽しむことが出来るようになります。※手術当日~術後最低でも2週間は柔らかいものだけをお召し上がりいただきます。
安定期
(約2〜4ヵ月)
インプラントと骨がしっかりと結合するまでの大切な期間です。この間、定期的な通院で経過を確認し、口腔内の清潔を保ちながら骨の安定を待ちます。
仮歯の装着仮の歯を装着します。ご自分の歯と同じように、お食事を楽しむことができるようになります。
最終的な
人工歯の装着
お一人おひとりに合わせた「あなたのための新しい歯」が、いよいよお口のなかにはいります。

当院のインプラント治療の特徴

治療期間を短縮し、費用も軽減。

従来のインプラント治療では、すべての歯を失った方には8本以上のインプラントを埋め込むことが一般的でしたが、
「All-on-4(オールオンフォー)」という治療法では、最少4本のインプラントですべての人工の歯を支えることが可能になりました。
これにより手術時間も短縮され、回復も早く、費用も軽減。
従来のインプラント治療では、手術後数ヶ月は歯がない状態で過ごさなくてはならず、
不便な期間が発生しますが、『All-on-4』では手術当日に仮歯が装着できるため、
やわらかいものであれば、その日から自分の歯と同じ感触で食事を楽しむことができます。


インプラントの世界トップブランドを採用。

当院で採用している治療方法「ブローネマルクシステム」は、
1960年代にスウェーデン・イエテボリ大学のブローネマルク教授により開発されたインプラントシステム。
世界の約70カ国で採用され、数々の実績から長期的な安全性、信頼性を確立し、
世界で最も豊富なデータを有するインプラント治療方法です。
現在、日本で存在する数十種類のインプラントの中で、10年以上の実験を行い、
人体に応用してから40年以上の歴史を持つシステムは「ブローネマルクシステム」のみ。
当院では「患者様にとって常にベストな選択を」という考えのもと、
確かな信頼をおける治療法として「ブローネマルクシステム」を採用しています。


定期的なメンテナンスで、健康なインプラント生活。

インプラント治療で手に入れた大切な歯を長く快適にお使いいただくためには、
手術後のメンテナンスを欠かさずに継続していくことが大切です。
日常のケアに加えて、定期的な健診・メンテナンスにより、咬み合わせやお口の中全体の健康状態をチェックします。
当院では、患者様が生涯にわたり「インプラントによる豊かな生活」を送っていただくためのサポートを続けていきます。

  • 定期健診メンテナンス

    3ヵ月〜1年に1回のペースで定期検診を受けていただきます。同時に徹底的なプロフェッショナルクリーニングを実施。ブラッシングから食生活まで、日常生活におけるさまざまなアドバイスを行います。

  • 日常のケア

    インプラントを快適に使い続けていただくために、日常のケアは欠かせません。毎日の正しい歯磨きをしてプラークコントロールを行い、お口の中を清潔に保ちます。


他院でのトラブルも、細やかにサポート。

他院でインプラント治療を行い、不具合を感じている方へ。下記のような症状はありませんか?
これらの症状を放っておくと、インプラントを除去して再度インプラント埋入する、
もしくはインプラントを入れられなくなる可能性があり、周囲の組織にも悪影響を及ぼします。
当院では、装着しているインプラントの検査を行い、それぞれの症状に応じた適切な処置を実施。
トラブルのないインプラントライフをサポートします。

  • インプラントが痛い
  • 歯茎が腫れている
  • 化膿している
  • ぐらぐら動く
  • 顎がしびれる
  • 上部構造がすぐ外れる
  • メンテナンスに通っていない