ページトップへ

予防歯科

歯やお口の健康を保つには日頃の予防が大切です。

みなさんは、どうして歯科医院に通いますか?
歯が悪くなったから?…当たり前ですよね。
歯が悪くならなかったら、歯科医院には行きませんよね。
では“歯が悪くならないために行く”歯科医院があるとしたら…?
私たちが目指すのは「治療しない歯科医院」。「予防歯科」という新しいジャンルの
プログラムを導入し、ブラッシング指導、フッ素コーティング、シーラント、PMTCなどにより、
歯の悪習癖、虫歯や歯周病などのトラブルを徹底的にガードします。
何歳になっても、健康な歯がある人生へ。あなたも「歯が悪くならない生活」を始めませんか?

※PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
専用の機械を使い、歯の表面の汚れを徹底的に除去する方法。
歯みがきでは完全に取り除けない歯垢(ブラーク)を除去し、虫歯や歯周病を予防します。

サリバテスト(唾液検査)とは?

唾液から、虫歯のアレコレがわかる。

サリバテストは、WHO(世界保健機構)の調査でも使われている科学的検査法。
ガムを噛んで唾液を採取するだけで、虫歯の原因となるミュータンス菌やラクトバチラス菌の数、
唾液の分泌量、唾液の緩衝能、日常の食生活の留意点がわかり、
患者さまに合わせた最適な予防法をアドバイスできます。

サリバテストの検査方法

はじめに

イスにリラックスして腰掛けた状態で、味のついていないガムを噛みながら、静かに唾液を出します。(5分間)

▶
検査1

あなたの唾液の量はどれくらい?

  1. 口の中の食べ物を早く洗い流します。
  2. 歯の質を強くします。
  3. 抗菌作用がはたらきます。
▶
検査2

あなたの唾液の中和力はどれくらい?

食後の歯がとけやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。(検査用紙が1分後に何色になっているか調べます。)

▶
検査3

あなたの虫歯菌の数はどれくらい?

唾液から虫歯菌を検出し、どんな菌が多いのか調べます。(検査棒を舌に当てます。)

フッ素と虫歯予防

虫歯を予防し、歯を強くする。

フッ素は、歯や骨を丈夫にする有益元素。フッ化物を含んだ歯は丈夫になり、虫歯になることを防ぎます。
また、歯のエナメル質のまわりにフッ化物があると、一度脱灰した部分の再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。
最近の研究では、この再石灰化促進力が虫歯予防効果につながるというのが定説に。
量を守れば、フッ素は安全。虫歯予防のために、歯科衛生士がフッ化物の塗布を行います。


推奨する世界の主な専門機関

  • WHO(世界保健機関)
  • FDI(国際歯科連盟)
  • アメリカ
    医師会
  • アメリカ
    歯科医師会
  • その他、多数の
    保健関連機関

フッ素は食品にも含まれています

フッ素が含まれる食品(イワシ、牛肉、大根、にんじん、じゃがいも、みそ)の画像