ページトップへ
2021.07.28

歯周病の検査って何?

皆さんはご自身のお口の中が歯周病かどうか気になりますか?
歯は歯茎(歯肉)に埋まっている顎の骨で支えていますが、顎の骨が段々と溶けていくと歯を支えられなくなり動きが生じ、痛みが出てきたら抜かないといけなくなるのが歯周病の恐ろしさです。
なので、歯茎に覆っているので顎の骨の状態が解らずまた無症状で進んでいくので気づきにくい病気です。
そのためには歯周病の検査が必要になります。

メモリの付いている専用の器具を使い歯茎の隙間の歯周ポケットを触っていき歯周ポケットが何ミリかを測ります。
ポケットの深さについて、1~3mm以下だと健康な状態で顎の骨には影響はありませんが4mm以上になると歯周病の疑いが高くなります。
また、歯茎を触った時に出血するのは炎症が起きている証拠です。
検査の前にレントゲン写真を撮り顎の骨を確認していきながら検査を行っていきその結果次第で歯周病かどうかを判定します。

ご自身のお口の中が歯周病かどうか気になる方は遠慮なく当院にご相談ください。

セレック、歯科矯正、矯正、ホワイトニング、インプラント、歯の痛み、歯ぎしり、虫歯、歯周病などのご相談は
いつでも無料で行っているのでお気軽にご連絡ください!