ページトップへ
2021.08.04

歯がないところの選択肢は??

歯が無くなってしまったらどうしたらいい?


歯の大切さは失ってから気づく方も多いはずです。
もっと歯を大事にしていたら…と後悔することも。
では、そうなってしまった時にどの様な治療方法があるのか?
大きく分けて3つの選択肢があります。

まず一つ目【ブリッジ】
欠損部分にダミーの歯を入れ、両隣の歯を支えにする連結型の被せものです。
削る部分が大きいので、健康な歯を削ってしまうかもしれないデメリットも。

二つ目に【部分入れ歯】
残存歯にクラスプと呼ばれるバネを引っかけて使う入れ歯。
クラスプは金属とプラスチックのタイプがあります。

三つ目は【インプラント】
欠損部分にチタン製のネジ(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯を被せます。
自分の歯と同程度に噛め、周りの歯を削らずに済む方法です。
治療期間や費用がかかってしまうのが難点です。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、その方に合わせたご提案を致します!

歯科でお困りの際はいつでもご連絡ください!
セレック、歯科矯正、矯正、ホワイトニング、インプラント、歯の痛み、歯ぎしり、虫歯、歯周病などのご相談は
いつでも無料で行っているのでお気軽にご連絡ください!