ページトップへ
2021.05.26

知覚過敏のケア方法

歯がしみて冷たいものが飲めない、食べられない、そんな悩みをかかえていませんか??

ご自身で出来るセルフケア

●冷たい飲食物等をできるだけ控えましょう。
神経が興奮しやすい状態になっています。痛みが治まるまではできるだけ安静を保ち、過度な負担をかけないようにしましょう。

●しみる痛みを防ぐ歯磨き粉で、丁寧に歯磨きをしましょう。(当医院でもご用意してます!)
痛いからといってブラッシングをおろそかにしていると、知覚過敏だけでなく虫歯や歯周病のリスクも高まります。

●やわらかめの歯ブラシで、軽い力でブラッシングしましょう
力の入れすぎは禁物。軽い力で歯ブラシを細かく動かし、やさしく歯磨きしましょう。

歯医者で出来るプロケア

●痛みがあるときは、まず歯科医師にご相談ください
歯の表面をコーティングするなど、あなたの痛みや症状にあった歯科処置をうけることが出来ます。また、知覚過敏以外の原因で歯がしみる場合もあります。
お口の中に痛みがあるときはまず歯科医師に相談し、適切な処置や指導をうけましょう。