ページトップへ
2016.12.03

口呼吸はなんで悪いのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは鼻で呼吸しています。首が座る頃から口でも呼吸することが可能になりますが、この口呼吸が習慣化すると 常時、口が開き口蓋に接しているはずの舌が下がり下の歯に接触している状態になります。
これを低舌位と言います。低舌位は上顎の正常な発達を阻害し、歯列や口蓋の形態に異常をきたします。