ページトップへ

歯周病

歯周病とは歯の表面に付くプラーク=歯垢(細菌の塊)によって
起こる文字通り「歯の周りの病気」です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と歯を支えている
歯槽骨が破壊される歯周炎に分けられます。

歯周病の進行を防ぐには

歯周病の原因はプラークの中の細菌です。
ですからプラークコントロール、つまりプラークを確実に取り除くことが最も大切です。
その方法として正しいブラッシングをすることです。
きちんと毎日ブラッシングをしていても「磨いている」と「磨けている」は全く別です。
磨いていても磨けてなくては意味がありません。正しいブラッシング方法で続けていくことが大切です。

生活習慣の改善も大切な方法です。特に喫煙は歯周病を増悪させる要因です。
歯周病治療では1本ずつの歯の周りの歯茎の検査を行います。目に見えないところで歯周病は進んでいきます。
どんなに良いかぶせ物をしても土台の歯茎が悪ければすぐだめになってしまいます。
ぐちゃぐちゃの土の上に家を建てるものだと思ってください。
1本ずつの歯を検査して歯茎の中にバイ菌、歯石がたまっている場合はきちんと歯茎の中までお掃除をします。
歯茎の中なので麻酔は必要ですが、しっかりと治療していきます。

歯周病セルフチェック!

いくつ当てはまりますか?

  • 歯肉から出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 口臭がある
  • 歯肉がむず痒い、痛い
  • 歯が長くなった気がする
  • 固いものが噛みにくい
  • 歯と歯の間に隙間ができた
  • 歯がぐらぐら動く

1つでも当てはまれば歯周病検査をおすすめします

歯周検査の流れ

歯周検査を行います

一本ずつの歯の周りの歯周ポケットと呼ばれる部分の深さを測っていきます。歯茎の中にどこまで汚れが入り込んでいるのか調べます。他、歯の動き、歯ぐきから出血があるかも調べます。

健康な状態・炎症がある状態
▼

検査結果に基づき汚れを除去

検査の結果、歯の根の周りに汚れがついている所は麻酔をして汚れをとります。

▼

再検査

歯ぐきがよくなったか再び検査をします。放っておくと骨が溶けていく恐ろしい病気です。当院では、全スタッフが歯周病治療に取り組んでいます。※場合によっては汚れの除去と検査を繰り返し行うこともあります。

健康な歯ぐき・歯周病の歯ぐき